BRAND

マリ・クレール

「marie claire」は、1937年パリ・ソワール紙とパリ・マッチ誌の創始者であり繊維業・毛織物業の実業家でもあったジャン・プルーヴォによって創刊された雑誌です。
フランスで「女性誌のバイブル」と呼ばれ、創刊後は世界各国の出版社とパートナー・シップを結び、現在30カ国で発行されています。
marie claire maison、 marie claire idées、marie claire enfantsなどの姉妹誌を含めると世界中で70誌が発行され、全世界で毎月1700万人の女性がmarie claire誌を購読しています。
マリ・クレール誌日本語版は、インターナショナル版第一号として1982年に発刊され、ほぼ同時にマガジンブランドとしてライセンス商品の開発がスタートしました。
発売以来皆様に親しまれ、現在ではファッションからインテリアまで幅広い商品を展開する、あらゆる世代に向けたライフスタイルブランドに成長しました。毎シーズン、パリの専属デザインスタジオから、「シンプル&ハイクオリティー」をコンセプトに最新のトレンドを取り入れ、日本のマーケットに適したデザインが発信されています。

<各ラインのご紹介>
marie claire PARIS: 百貨店、専門店向けコレクション
marie claire VOYAGE: 量販店向けトラベルバッグコレクション
marie claire homme: 量販店向け紳士コレクション