企業沿革

他社の追随をゆるさない企画力と先進性は、創業以来の商品哲学に育まれて来た。偉業は過去のものとしてもその功績は現在、そして未来にはばたくかけがえのないエネルギーであり、活力ある企業の必須条件です。

1968年
大阪市東住吉区にて、ベルト製造業、堀本商店創業。
1970年
堀本商店から堀本産業に社名変更。
1972年
堀本産業を法人化、ヤング産業株式会社設立。
大阪市平野区に社屋を竣工。
1975年
東京都台東区に東京営業所設立。
1977年
>商品企画の充実と情報収集のため、
企画部設営。
1978年
業務と機能拡充のため、大阪営業所の新社屋を竣工。
同時に生産品目別事業部制を発足。
トータルファッションアクセサリーズのメーカーとして、
本格的なスタートを切る。
1980年
製造部門の充実を図るため、
広島県因島市にヤング産業因島工場設立。
1989年
ファッションアクセサリーズメーカーとしての更なる躍進を図るため大阪本社ビルを増改築。
1991年
広島県因島市に因島物流センターを設立。
1997年
東京支店新社屋を竣工。
因島工場・物流センターを統合、拡大する。
1998年
IT時代をむかえ、社内コンピューターを一新。
1999年
関東方面業務拡大のため東京柳橋ビルを竣工
2003年
業務拡大、物流効率向上のため因島物流センターを増築。
各拠点間の通信インフラの充実・高度化を図る。
2006年
アジアの生産、販売の拠点として、ヤング産業香港有限公司を設立。
グローバルネットワークの 更なる充実を図る。
2009年
ビバリーヒルズ・ポロクラブを中心とした海外ライセンスビジネスが本格化。
香港、中国を拠点にショップ展開がスタート。
2013年
業務効率化を図り、物流を大阪に移転。
因島工場は日本製基幹工場として再スタートを切る。
2014年
執行役員制度を導入。